BLAU| [光市のヘアサロン・ブラウ]

hana henna

hana hena - ハナヘナ -

「ヘナ」とは?

ヘナ天然ハーブであるヘナは、インド北西部のラジャスタン地方に自生する低木植物で、植物染毛剤や薬剤、防腐剤として古来より使用されてきました。ヘナは髪をただ染めるだけでなく、髪や地肌にとって嬉しい効果も持っています。化学的なカラー剤と違い、アレルギーが99.9%ありません(草や植物アレルギーの方は可能性ありますが)。また、インドでは昔から髪の健康や身体のデトックス効果を望んで使われてきました。頭皮の毛穴の汚れも取れ、育毛効果も期待できます。また、髪のハリ、コシや艶を出したりと、天然トリートメントとしても効果的です。髪を傷めず、健康にし、さらに環境にも優しい。それがヘナです。

「ヘナ」の種類

「ヘナ」を正しく知ってください

ヘナ = 優れたヘアーカラーではありません

さまざまなメディアで取り上げられ、天然の染料として注目を集めている「ヘナ」。しかし、中には間違った情報が含まれていることをご存知でしょうか?本物のヘナは通常のヘアーカラー剤とは違いブリーチ剤は含まれていないので、黒髪を明るくする効果はありません。驚く方もおられるかと思いますが、ヘナは白髪をオレンジ色に染めることしかできないのです。それを黒っぽく仕上げる為にはインディゴという植物と併せて使用します。インディゴは和名を木藍といい、日本でもお馴染みの藍色の染料です。また「ヘナ」と書かれてある商品が全て天然成分で安心というわけではありません。天然100%の「ナチュラルヘナ」は発色が安定せず時間も回数もかかるため、化学成分が配合されているものが多くあります。「ヘナは自然の力で髪を健やかに育むハーブ」これが正しい認識です。ヘナの粒子は非常に小さいため、髪の内部に浸透することができ、タンパク質と結合し留まります。染めた直後は一時的に毛髪が傷んだようなキシミ(ヘナショック)が出ることがありますが2回・3回と続けることにより、本来の健やかな髪へと導いてくれます。ナチュラルヘナの場合、自然の植物なのでほぼアレルギー反応が出ることがなく、地肌や毛髪を傷めることもありません。ヘナは、白髪染めとトリートメントが期待できる安全な染料ですが、自然のものだけに速効性はありません。「自然の時の流れに身を任せる」そんな気持ちで向き合うことが必要です。

ヘナ = 髪を育む自然の力

「ヘナ」の3つのメリット

髪が痛まない

ヘナ天然染料なので副作用が少ないため、ケミカルアレルギーで悩んでいた方に安心してご使用いただけます。

紫外線からのダメージを防ぐ

ヘナには、髪や頭皮を傷める原因の一つである紫外線から守る効果があります。

痛んだ髪を修復

ヘナは毛髪内に浸透し髪を内部から健やかに育むとともに、頭皮の排泄を促し、フケかゆみを取り除く効果もあります。

「ヘナ」のデメリット

  • 独特な匂いがある。
  • 施術後1週間程度は色落ちする。
  • 施術後の髪のキシミがある。

髪のキシミを押さえるDO-Sのシャンプー&トリートメントがおすすめです。

こんな方におすすめ!

  • 髪が傷みやすい方、地肌が弱い方。
  • 髪が細くなったり傷んでいる方。
  • 抜け毛・薄毛が気になる方。
  • 自然成分で髪をいたわりたいナチュラル志向の方。

本物のナチュラルヘナ&インディゴの発色

【染めた直後】

ハーブマホガニー
ハーブマホガニー
(ヘナ2+インディゴ8)
ハーブブラウン
ハーブブラウン
(ヘナ4+インディゴ6)

インディゴを混ぜると、染めた直後はグリーンになります。

空気中の酸素で酸化し、約1日かけて発色(個人差があります)。

【酸化後】

ハーブマホガニー酸化後
ハーブマホガニー
上半分が1度、下が2度染め
ハーブブラウン酸化後
ハーブブラウン
上半分が1度、下が2度染め

酸化後はこんなにキレイに発色します。ナチュラルヘナ&インディゴの場合、2度染めが発色も良くオススメです。

hana hennnaの天然ヘナ&インディゴカラー

hana hennnaの天然ヘナ&インディゴカラー
ヘナナチュラル 天然インディゴ ニュートラル(アワル)
ヘナナチュラル 天然インディゴ ニュートラル
(アワル)
ハーブブラウン ハーブマホガニー ミックスハーブ
ハーブブラウン ハーブマホガニー ミックスハーブ

お問い合わせ